宇宙迷子より帰還。

こんばんは。

初の個展「UCHU MAIGO」が無事終了し、早くも一週間と1日が経ちました。

みなさん、ちゃんとおうちへ帰れましたか?

怒濤の日々が終わって、さあやっと余韻に浸れると思っていたのに、
まだまだこれから〜!と言わんばかりに、いろんな事をこなしながらあっという間に日々が過ぎていきます。

ちゃんと挨拶、というか自分の中での区切りをしたいのでここで何か書いておこうと思います。

さて、僕の部屋には全150列びっしり埋まった芳名帳があります。
超達筆もあれば、筆ペン使い慣れてないのであろう英名も。

普通は今後の展覧会のDMやらで住所を書いてもらうってゆうのが目的?(のひとつ?)なんだろうけど、
僕にとっては一人一人の思いのこもった名前を見ているだけで嬉しいのです。

本当にたくさんの人が来てくれて、たくさんの人としゃべって、たくさんの人に僕の宇宙を体感してもらえたのは、
こんなことは、なんてゆうか、凄い!!

今まで本当に長い間、宇宙/人生を彷徨って、時にはぼろぼろになりながら、一歩一歩進んできた。
この作品たちは、宇宙の果てまでいってもらったご褒美さ。

忙しい中お越しくださった方々、来たかったけど来れなかった方々。
楽しさと刺激をくれている友人たち、多大な心配と盛大な応援をしてくれている家族。
素敵な盆栽で空間に癒しを添えてくれたきくちゃん、宇宙の香りで会場を、宇宙の愛で僕を満たしてくれているゆうちゃん。
美味しいご飯と宣伝してくれたOniwa Cafe、辛抱強く納得いくまで宇宙を創り上げた盟友ANAGRA/晃太郎。

みなさま、ありがとうございました!

2013年10月14日 髙橋 哲平