2014

You are here: Home - 2014

  • Hawaii to Okayama

    with jungle
    今年7月から10月の3ヶ月。
    ハワイ島のプナを中心に、カウアイ島、マウイ島へと行っていました。

    ハワイでのあんなことやこんなこと、様々な経験をあまりさらさないまま、作品を作ることもできないまま、どんどんと時は流れてしまいました。

    帰国早々、埼玉の実家に暮らしながら、庭師の兄の働く会社でがっつり働かさせてもらいつつ、
    保険やら役所の手続きしたり会うべき人と会ったりする中、岡山の農家で働かないかという誘いをもらい、決め、引っ越し、
    そのままずっと週6で結構ハードな肉体労働と新たな生活。

    ほんとーは週4程度が希望の僕としては結構きつい。
    しかもハワイ3ヶ月のあとっすよ!!
    ほんと、スレスレの状態でした。

    まあ、まだ多くを語る余裕はないですが、忙殺される日々の隙間、もしくは自分の奥底でじっくり熟成させている段階、かなとも思っています。

    ここ岡山、中国山地の南側にある真庭というところなんですが、いい所ですよ。
    近くには湯原温泉があり、大山、蒜山、滝や湧き水もあり、地元・移住者含めエッジの利いた面白いことをやってる人が点在しています。
    ぼくはここのちょっと面白い農家さんとこに住み込みで働かさせてもらってます。

    なぜ庭師や農家の仕事をやろうと思ったか。
    もともとパーマカルチャーや自給自足には興味はあったけれど、ハワイで出会った人々の暮らしを見て、うわぁ、これだ!ってなったからでした。
    ジャングルを自分で開拓し、家を建て、畑や庭を作ったり、自然の素材だけでアクセサリーを作ったり、その土地の自然と調和し、”素敵”に生活している人たち。

    そんな僕にとって理想の暮らしをこれ見よがしに見せられたもんだから、うわぁ、それ、やりたい!!!って気持ちで前のめりになってしまった僕は、
    タイミングよく舞い込んできた、もしくは引き寄せた庭師と農家の波に、飛び乗ったのでありました。

    別に、庭師をやりたいわけでも専業農家になりたいわけでもないんだけど、ここで得られる体験は、きっとこの先の人生に効いてくるんだろうなあ。
    もちろん作品にも。

    と、まあ、とにかく僕は、宇宙と調和して、人の心を動かすものを創りたいなと思います。

    だいぶざっくりした話になってしまいましたが、今日はこの辺で。

    ごきげんよう。

  • Mahalo 〜 Big Thanks from Hawaii

    IMG_3240

    Aloha〜!

    どーもどーもお久しぶりです。
    ハワイ島来て早、一週間。
    すっかりハワイかぶれしとります。

    東京は猛烈に暑いそうですがこちらは雨と晴れが入り混じるけど基本快適な気候です。

    とはいえ、今滞在しているこのおうち、超破格で住まわせてもらっている代わりに、かなりプリミティブな暮らし。
    大きなバケツに雨水貯めて、それでシャワー(というか瓶で汲んで浴びるスタイル)、洗濯したり、食器洗ったり、料理にも使います。フィルターなんでありません。トイレはコンポスト式、少々面倒なので散歩がてら公園のトイレを使います。電気はソーラーパネル。ネットは徒歩3分の隣人に借ります。

    ちなみに食料品とか売ってる小さなお店は車で15分。あとは住宅と海とジャングル。

    夜中、初めて着いたその時はこんな辺境の地に来てしまってどうやって生き延びれば、、、と正直焦りました。

    が、

    一日一日、ここでの暮らし方を学び、実践していくうちに、なんて豊かな暮らしなんだろうと思うようになりました。

    広い庭にはパパイヤ、ケール、唐辛子、食用ハイビスカス、芋、トマト、付近を散歩すればアボガド、バナナ、ココナッツ。さすが南国!

    ヒッチハイク運に恵まれ、毎回素晴らしすぎる人たちに巡り、街へ買い物や、ブラックサンドビーチで泳いだり、ファーマーズマーケットやハワイアンミュージックを楽しんだり、前から会いたかった人たちに偶然会えちゃったり、とにかくハワイ島の流れ、凄すぎる!!

    そんなこんなで海を隔てた南国での日々を送っていましたが、
    6/27から丸々一ヶ月に渡って開催させてもらっていた僕の写真展「彼ハ、ナゼ 旅ニ出ル」は本日最終日を迎えます!

    “http://www.decodebonair.com/exhibition/011/”>http://www.decodebonair.com/exhibition/011/

    忙しい中、そして遠方からも見に来てくれた方もいて、とっても嬉しく、この貴重な機会をいただけて本当に感謝しかありません!

    今後も皆さんが素敵な世界にトリップできるような作品を創っていけたらなあと思います。

    本当に本当に、ありがとうございました!

    Mahalo

    Teppei Takahashi

    _R003367

  • はじまりました!【 彼ハ、ナゼ 旅ニデル 】@DdB GALLERY

    _R003090s

    みなさんこんにちは。

    ここしばらくバタバタしていて報告が遅くなりましたが、
    先週金曜日、『髙橋哲平写真展【彼ハ、ナゼ 旅ニデル】 @DdB GALLERY』のオープニングを
    無事迎えることができました。

    たくさんの方々(多すぎてまとめちゃってごめんなさい)のご協力とご支援のおかげです。
    本当に本当にありがとうございました!!!

    _R003075s _R003076s _R003077s _R003079s_R003082s _R003078s _R003085s

     

     

     

     

    オープニングパーティには友人はもちろん、アッシュ・ペー関係の方を含め、
    各方面の様々な方々にご来場いただきました。
    今まで全く知らなかった人に僕の作品を見てもらい、色々なことを話すってゆうのは新鮮で、
    自分の中で大きな一歩のような気がします。

    これらのちょっとした出会いは、未来の何かへ、どこかの何かへと繋がっていくのでしょう。

    うん、楽しみ。

    「人生は旅」

    だからね。

    それはそうと、写真展まだまだ続きます。7/20まで!!

    あと、僕が終日在廊するのは今のところ、7/2,3,4です!
    なるべく数時間でも時間があれば足を運びたいなとは思っていたりする反面、
    その日の風向きで予定は変わる人間なもので、急遽の追加や変更は、Twitterなどで随時お知らせします。
    直接ご連絡くださると会える確率はうなぎ上りです。

    何卒よろしく御願い致します。
    ***********************************************

    髙橋哲平 写真展 【 彼ハ、ナゼ 旅ニデル 】

    2014/6/27(Fri)~7/20(Sun)

    open : 12:00~19:30

    close : 月曜/最終日曜日(6/29,30,7/7,14)

    場所 : DdB GALLERY(DECOdeBONAIR併設)
    〒107−0062 東京都港区南青山5-7-17 小原流会館B1F

    Tel : 03-6427-5710

    map

    ***********************************************
    DECOdeBONAIR
    http://www.decodebonair.com/note/018/

    青参道
    http://aosando.com/archives/3653

    H.P.France brog(DECOdeBONAIR)
    http://www.hpfrance.com/Blog/decodebonair/2014/06/034040.html

  • New Exhibition Comming SooooooN!!! at DECOdeBONAIR (H.P.FRANCE)

    みなさまお久しぶりです、ごきげんよう。

    こちらのブログ、3ヶ月に1回くらいの非常に順調なペースで更新しております。

    いいね!

    ね!!

    13日の金曜日、そして満月!

    が過ぎまして、無事14日の土曜日を迎えましたね。

    それはそうと、そんな満月の夜に、超急展開!がありましたので取り急ぎ報告させてください。

    来る6月27日(金)から7月13日ごろ?まで、青山のDECOdeBONAIRさんのギャラリースペースにて展示をさせてもらうことになりました!!

    DECOdeBONAIRDECOdeBONAIRさんは、あのH.P.FRANCE(アッシュ.ペー.フランス)プロデュースのお店で、
    冒険心を忘れない大人の男たちに向けてDECOやFASHION, ART, BEAUTYを表現しています。

    思えば1ヶ月前、ぷらっと迷い込んだビルの薄暗い地下、なにやらおもしろい展示やってるぞ、
    と思い切って入ってみたことから全ては始まりました。

    まずは、僕という人間とその作品に興味を持っていただき、世間に紹介してくれようとしている、
    DECOdeBONAIRのディレクター上尾さん、店長の武田さんに深く感謝したします。

    オープニングまであと2週間。。。

    今の仕事(サーカスの裏方)も今月末で終了。

    しかも来月は、東京の家を引き払い、つかの間実家に戻ったと思ったら、17日からハワイ島へ3ヶ月のトリップ!!!

    ずいぶん壮絶な転換期。。。w

    まあ、そんな時だからこそ、いいものを創りあげたいと思います。

    暖かくお見守りください。

    詳細は追って発表します!

    では!!

    DECOdeBONAIR

    107-0062 東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1F
    TEL: 03-6427-5710 / OPEN: 12:00 – 19:30(毎週月曜、月末日曜定休)
    URL: http://www.decodebonair.com

  • バーニングマンワークショップに参加するよ!Tokyo Urban Peraculture

    オイオイオイ!

    風邪で寝込んでる場合ではなかった!!

    あさって3/25(火)、四谷のキッチン付きレンタルスペースOne Kitchenにて開催されるワークショップにちょいと参加しまっす!

    宇宙迷子で上映した映像と写真一作品を持って行きます。

    バーニングマンに行ってみたい、興味がある、行ったけどなんだったんだあれは?ってゆう人、ぜひご参加くださいませ〜!

    詳細以下!

    バーニングマン、創作的文化活、ギフトエコノミーについてのWS by Tokyo Urban Peraculture

    http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/

    3.25(火)

    バーニングマンを中心に
    ギフトエコノミーや自由な自己表現、実験的な文化に
    ついて話/WSを行うよ。
    パーマカルチャーとの繋がりはと言うと
    創作的文化活動っていう点かな?
    新しい文化を実験しながら作って、
    「成功」を目指すよりも、可能性を探る事に力が入っている。
    抑圧的ではない人間関係、
    一人一人の可能性を最大限に引き出し
    みなが自由に楽しく生きられる文化を追究しているところも
    パーマカルチャーと繋がっていると思う。
    特に、バーニングマンのギフトエコノミーは凄い!
    与え合いの経済。
    One Kitchenのオーナーたくや君の友達の高橋哲平君も
    誘って、バーニングマンの映像や写真も見せたりトークしたり。
    http://teppeitakahashi.com
    一緒に今後の文化の可能性をバーニングマンのお話を
    通して妄想してみよう。

    ウィキペディアより(一部省略):

    バーニング・マンは、アメリカ北西部の人里離れた荒野で年に一度、約一週間に渡って開催される。各参加者は、この「プラーヤ」(Playa)と呼ばれる何もない塩類平原(en)に街を作り上げ、新たに出会った隣人たちと共同生活を営み、そこで自分を表現しながら生き抜く。そして一週間後、すべてを無に還す。この実験的な地域社会は、みずからを架空の都市「ブラックロック・シティ」(Black Rock City, BRC)と呼称している。 バーニング・マンという名称は、土曜日の深夜、街の象徴として場の中心に立ち続けていた人型の造形物「ザ・マン」(The Man)に火を放ち(burn)、それを完全に焼却することに由来する。

    会場は、外部の世界から地形学的にほぼ遮断されており、電気、上下水道、電話、ガス、ガソリンスタンドなどの生活基盤は整備されておらず、一般のテレビ・ラジオ放送、携帯電話などもサービス提供範囲外となる。 売店や屋台、食堂なども一切ない。主催者側が用意するのは、自然環境保護のため必要とされる仮設トイレ群と食料の鮮度を維持するための氷のみである。したがって、バーナー(参加者たちの自称。「燃やす者」の意)は、水、食料、衣類、住居、燃料など、自らの生存のため必要とするもの全てを、自らの責任において事前に準備しなければならない。

    ブラックロック・シティの「市民」たる各参加者は、思い思いの場所に自らの手で設営したテントやキャンピングカーを家とし、他者と出会い、新規に友人を作り、交遊し、問題を解決し、コミュニティを形成する。この劣悪な自然環境下で生きていくためには、おのずから隣人たちと助け合う必要に迫られるのである。ここでは貨幣経済や商行為は忌むべきものとされており、明確に禁止されている。見返りを求めない「贈り物経済」(Gift economy)と、なによりも「親切なこころ」が共同体を成立させている(物々交換や、物とサービスの交換は推奨されていない)。 その広大な会場の各所には、参加者の手で大小多数のアート・インスタレーションが設置され、昼夜を問わず、会場の至るところで多種多様な活動が実行に移されている。

    【一品(気)持ち寄りディナー】<ーまさにギフト経済
    みんなで集まるので持ち寄りディナーにしたいと思ってる。「持ち寄り」はコミュニティー作りにとても役立つ行事。みんなが何かをシェアできる場がうまれる。できれば一品作ったもの(買ってもOK)を持ってきてね。料理には自分の価値観、アイデンティティー、愛などが含まれている。それらが込められたものを他者にプレゼントすることによって、信頼、繋がり、喜びなどが育まれくると毎回感じる。

    【参加費】
    ドネーションだよ~
    始めての方は費用の理念を読んでね。
    今までみんなのサポートがあって活動を続けられている。
    大感謝!

    【日時】
    3月25日(火曜日)
    19:00オープン
    19:20プレゼン・スタート
    *その後からワイワイ持ち寄りご飯パーティーだよ

    【場所】
    四谷のOne Kitchen
    http://onekitchen.jp/

    【申し込み】
    info@onekitchen.jp

  • NEW YEAR 2014

    NEW YEAR 2014

    新年あけましておめでとうございます。

    あっと言う間に年を越してました。

    昨年は引っ越しや、個展『UCHU MAIGO』@AnagraTOCANA連載のスタートなど、いろいろな人生初を体験することができました。

    また、今までのひどい生活を改め、カラダや食や生活全体について学び、実践するよう心掛けました。

    といいつつ、甘いものの誘惑にはまだまだ負けがちです、、、

    まあ、そんなこんなで非常にフレッシュでエキサイティングで楽しい一年でございました。

    支援、応援、御縁。

    みなさまのおかげでございます。本当にありがとうございました。

    2014年も更なる精進と邁進、そしてこのホームページの更新をしていきますのでよろしくお願い致します。

    Have a great year!

    高橋 哲平

Back to top