Author

You are here: Home - Author:

  • ひっそりとできるしあわせ

    なんだか、風が変わったぞ。

    昨年末から、何もかも、一つ一つ、ガラッと変わった。

    仕事も住処も人間関係も一旦リセットし、

    今はあたらしい土地で、一人きり。

    人間よりトビやキョンをよく見る。

    一人は自由だ。

    何をしていてもいい。

    最近は畑や苗の準備をしつつ、ひっそりといろいろやっている。

    穴の空いた服を繕ったり、風で落ちた夏みかんでマーマレードを作ったり、
    米粉のクッキーを焼いてみたり。

    去年までの自分は大人数で共同生活、朝から晩まで仕事のことで頭がいっぱい。

    それはそれで濃い楽しい日々だったし、できることもたくさん増えた。

    ただ、そこからここまでの転換ぶりには自分でもびっくりだ。

    どっちがいいとか悪いはないけれど、これまでがあっての今だから、とても感謝できる。

    ひっそりとできるしあわせ。

    もうすこしゆっくり。

    やりたいこと、やりたいように、やるぞ。

  • 味噌作りの合間の写真展のお知らせ

    _R016881s

    僕が今いるBrown’s Field(ブラウンズフィールド、以下BF)では150kgの味噌を仕込み中(3日中2日目終了)。
    大豆も麹用のお米もBF産。
    その他醤油や梅干し、野菜など様々なものが自家製で、ブラウン家、スタッフ&カフェ/宿泊のお客さんの分をまあまあまかなえている。
    手間と時間は膨大にかかるけど、それって凄いことだし、安心だし、なにより美味しい!!!

    数日旅行なんて行った日には、BFのごはんとみそ汁が恋しくなって早く帰りたくなる。

    _R014659s

     

    ごはんがおいしい!!!ということもここにいる理由ではあるけれど、そもそもBFに来るきっかけになったのは、

    今回の写真展の作品の舞台であるHawaiiのハワイ島(Big Island)と、そのジャングルに暮らす人々、その中でも、ありなちゃん&ゼンさんとの出会い。
    ジャングルを切り開き、自らの手で家を建て、電気はソーラーパネル、水も雨水や地下水を利用、食べ物も庭や畑にたくさんなっている。
    しかも、同じ敷地内に建てたゲストハウスには世界中からお客さんが訪れている。
    web site → root down farm

     

    僕は都会も好きだけど、やっぱり自然が大好きで、その中で調和して生きていきたい。
    いまのところ、そんな感じ。でも、なんだかんだ小さい頃からその気持ちはずっとあるなあと最近よく思う。

    _R015541s

     

    で、話を戻すと、そのありなちゃんから、以前数週間ほど滞在していたBFの話を聞いて、パートナーのゆうちゃんがカフェスタッフに応募、
    採用されて、そこに遊びに行った時、面白そう!!ってなった。

    みんなで食卓を囲んで食べる羽釜で炊いたごはんと自家製味噌のお味噌汁が染み渡る。

    しかもオーナーのエバレットさん&デコさんも来ちゃえば〜?なんて言ってくれるし、
    農担当のたかや君からも直接お誘いいただいたから、えー行くしかないでしょー、行っちゃお!!!ってなった。

     

     

    そんな流れがHawaiiからBrown’s Fieldの間にはあって、それがこのBrown’s FieldでHawaiiの写真を展示しようという動機にもなったわけで。

    ハワイ島のジャングル暮らしと日本の昔ながらの暮らしとでは全然違うようだけど、「自然を大切に頂く」というところは共通してると思うし、
    そういえば僕の写真も自然を大切に頂いているんじゃないのか?って思ったりもした。
    自然って言っても人も自然の一部だし、人工物だって宇宙の創造物という意味では自然。

     

    これらはほんと今、思ったのだけど、
    僕の写真ってゆうのは、おいしそうなものを探してぷらぷらしてて見つけたおいしそうなものをおいしそうに料理しておいしいって言って味わってもらおうみたいなことかも知れない!!!

     

    高橋哲平写真展 ”How I Trip”
    2016.3.18 (fri) – 4.17 (sun)
    11:00 – 16:00
    at Brown’s Field (蔵ギャラリーjiji、Rice Terrace Cafe、Asana)
    千葉県いすみ市岬町桑田1501-1

    *開廊日は基本的にカフェ営業日(基本的に金、土、日)に準じます。
    なので平日来ても(もしくはそれ以外でも稀に)カフェも何もやってないので注意!!

    来られる際は僕に連絡いただけると確実です。はるばる来たのにやってなかったら悲しいので、ぜひそうして下さい。
    あと最寄り駅からも遠いので(バスも少ないしバス停からも遠い!)車がおすすめです。
    あと、カフェのランチプレートがとってもおすすめですが売り切れ次第終了なのでぜひ予約を。
    あ、あと、なんなら宿泊もできます。詳しくはwebsiteにて。
    素敵な所なのは間違いないからぜひゆっくり遊びに来て!

    高橋 哲平
    tel: 080-3714-4193
    mail: mail@teppeitakahashi.com

    ■ブラウンズフィールド(総合)
    〒299-4504 千葉県いすみ市岬町桑田1501-1
    TEL 0470-87-4501 FAX 0470-87-4531
    WEB: http://brownsfield-jp.com/
    MAIL: contact@brownsfield-jp.com

     

     

  • 昨今のわたくし、そしてこれからのわたくし。

    みなさま、こんにちは!
    あけましておめでとうというにはちょっと遅いけど、まあまあいいじゃない、おめでとう!
    スーパー筆無精、半年以上ぶりの投稿だけど、まあいいじゃない、ごめんなさい!
    キングオブコメディの高橋君逮捕されちゃったけど、まあいいじゃない、がんばれ!(主に今野の方。そしてちょっと古い)

     

    えー、そんなこんなで現在わたくし、千葉県いすみ市にあるブラウンズフィールド(以下BF)という所に半年ちょい暮らしております。
    ここには、自然栽培(無農薬、無施肥)の畑や田んぼ、そこで採れた野菜や自家製調味料等を使用したごはんが食べられるカフェ、
    BF産の加工品なども扱う自然食品店、元蔵のコテージや、古民家を改装したちょっとハイグレードな宿、イベントスペースなどがあり、盛りだくさんな楽しいスペースです。
    また、オーナーのエバレット ブラウンさんは湿版写真というクラシックな技法の写真家で、奥さんの中島デコさんはマクロビオティックの料理家としてとても有名です。(なによりお二人とも人柄が素晴らしい!)

    詳しくはブラウンズフィールドのwebsiteをご覧下さい。あれ、リンクが貼れないのでコピペして下さいませ、、 http://brownsfield-jp.com/

    さておき、

    なんでここへ来たかというと、愛しのパートナーのゆうちゃんが4月から初めここで働き始め、その2ヶ月後に遊びに行ったのがきっかけでした。
    軽くお手伝いなどさせてもらい、楽しい暮らししてるなあと思っていたら、畑隊長のたかや君から一緒に働きませんか?と声をかけてもらいました。
    当時は岡山県真庭市のスーパー農家、清友園芸さんのところでお世話になっていたので、ボスのケンジさんに無理を言って7月からここブラウンズフィールドへ来たのでした。

     

    ここでの暮らしは、どんなかというと、6〜7時に起きて、掃除などして、8時から朝ご飯(玄米おかゆとお味噌汁)、からの畑仕事、お昼ごはん、畑仕事、夜ごはんで、順番にお風呂入ってちょっとしゃべったり本読んだりして22〜24時ごろ寝る。が、基本パターン。ちなみに僕とゆうちゃんは敷地内のツリーハウスに住んでいます。

    夏は暑いので五時スタートだったりもするし、終わりなきミッドナイト稲刈りや、加工品作りや施設管理、コテージのお客さんの対応、イベント出店、

    最近はここでの暮らしの撮影をしたりもして、日々やることいっぱい。
    でも、自然に囲まれているからか、満員電車や人ごみとは無縁だからか、それともメンバーに恵まれているからか、不思議と心地よく充実した日々を送っている。
    あ、ネコたちに癒されてるからか!
    _MG_6434_R015674s

     

     

     

     

     

     

    _MG_7188s_R014572s

     

     

     

     

     

     

    だからご心配なさらずに、そこのおかあさん。
    ぼくはおいしいごはんを食べて、日々新しいことを学び、豊かに暮らしています。
    やっぱりこうゆう暮らしがしたかったんだ、とつくづく思っています。

    ってゆうか、写真はどうした、タカハシ!!

    と思われる方ももしかしたらいるかもしれないので、ここで報告させていただきます。

     

    気まぐれすぎるわたくしの写真展、ついに開催します!

    場所はブラウンズフィールド内のライステラスカフェと蔵ギャラリーjiji。

    期間は3/18〜4/17の金、土、日、祝。 (一部ゴールデンウィークまで延長あり)

    今回は1年半ほど前に旅したハワイでの写真を展示します。
    しっかり熟成させたので、風味豊かな仕上がりとなることまちがいなし。
    ハワイの写真って巷にあふれてるんだけども、僕の撮るハワイはどうなるんでしょう、気になります。_R009872s

    ちょっと遠いけど、おいしいごはんもあるし、美しい自然もあるし、芝生やハンモックやブランコもあるし子ども連れでも遊べるぜ、なんなら宿もあるし。
    むしろそっちメインで遊びに来てもたのしいと思うよ、ほんと。

     

    とまあ、詳細は後日追って報告しますね。
    ではではみなさん、2016年もよろしくお願い致します。
    素敵な一年をお送りくださいませ〜♡
    teppei

  • the ful(l) moon

     

    「陰FULL&the宇ILLs」

     

    忍び寄る 闇と重力 ズルズルと 底無き沼に ハマり込み

    もがき苦しみ 為す術は無し

     

    沼になる 最中の夢は 内の闇 心身は溶け 浮き上がり

    光を浴びて しばし揺蕩う

     

     

    _MG_6005

  • Maniwa days

    hello, hello

    中国山地の南側、岡山県の真庭という所へ来て早5ヶ月。
    トマトやきゅうり、ズッキーニなどなど次から次へと色んな野菜を作っている一風変わった農家で汗を流している。
    最近はハウス内が本当に高温で本当に汗がどばどば。I need a Garigari-kun.

    IMG_3962

     

     

     

     

     

     

     

    仕事が終わると、僕をここへ導いてくれた同僚ボブ君とのチルタイム。チル対話。

    彼とは2012年のケアンズでの皆既日食を見に行った時、キャンプ場で出会った。
    一目見ただけで、通じるもの、魂が共鳴した感覚を覚えている。

    次に会ったのがなぜかここ。

     

    チル対話によって僕らの共通点がわかった。
    ありとあらゆる面白そうなフィールドを味わうことが大好きってこと。

    ざーっくり挙げると宇宙、精神、食、環境、アート、旅、農、経済、オカルト、下ネタなど多岐に渡る。

    しかも彼は興味あるフィールドが僕ととても似通っていて、しかもずっと掘り下げて認識している。そして整理されている。
    ここまで多岐にぼくの興味のある内容を話せる人はいなかったように思う。

    僕の中に生まれ、消化、発散されることなく溜まってしまった考え、想い。
    それらでカオスになっていた僕の内部が少しずつ調和を取り戻し始めたように感じる。

    まだまだぐっちゃぐちゃだけどね!

    IMG_4289

     

     

     

     

     

     

     

    そんなカオス男子の写真展のお知らせです。
    もう20日も前からやってますが、、、
    東京の展示には行けなかった人も真庭なら行ける!ってゆうレアな人はぜひ♡

    *

    *

    *

    高橋哲平写真展「宇宙迷子in勝山」

    会期 4/3〜5/6

    (月曜、第3火曜は定休日)

    時間 11:00〜20:00 (1Fの営業時間。その他状況により閉まっている時もありますが2階のお店の方に聞いてみてください)

    場所 CAFE bird    (1Fがメインですが2Fにもちょこちょこ展示してます)
    TEL:0867-44-3001
    岡山県真庭市勝山416-1

    https://maps.google.co.jp/maps?oe=UTF-8&hl=ja&client=safari&um=1&ie=UTF-8&fb=1&gl=jp&sll=35.080848,133.694202&sspn=0.0002136,0.000348&q=%E5%8B%9D%E5%B1%B1+cafe+bird&gmm=CgIgAQ%3D%3D

    連絡いただければ夜なら参上できるかもしれません。
    mail@teppeitakahashi.com

    IMG_4631IMG_4618

    IMG_4623.JPG

  • Hawaii to Okayama

    with jungle
    今年7月から10月の3ヶ月。
    ハワイ島のプナを中心に、カウアイ島、マウイ島へと行っていました。

    ハワイでのあんなことやこんなこと、様々な経験をあまりさらさないまま、作品を作ることもできないまま、どんどんと時は流れてしまいました。

    帰国早々、埼玉の実家に暮らしながら、庭師の兄の働く会社でがっつり働かさせてもらいつつ、
    保険やら役所の手続きしたり会うべき人と会ったりする中、岡山の農家で働かないかという誘いをもらい、決め、引っ越し、
    そのままずっと週6で結構ハードな肉体労働と新たな生活。

    ほんとーは週4程度が希望の僕としては結構きつい。
    しかもハワイ3ヶ月のあとっすよ!!
    ほんと、スレスレの状態でした。

    まあ、まだ多くを語る余裕はないですが、忙殺される日々の隙間、もしくは自分の奥底でじっくり熟成させている段階、かなとも思っています。

    ここ岡山、中国山地の南側にある真庭というところなんですが、いい所ですよ。
    近くには湯原温泉があり、大山、蒜山、滝や湧き水もあり、地元・移住者含めエッジの利いた面白いことをやってる人が点在しています。
    ぼくはここのちょっと面白い農家さんとこに住み込みで働かさせてもらってます。

    なぜ庭師や農家の仕事をやろうと思ったか。
    もともとパーマカルチャーや自給自足には興味はあったけれど、ハワイで出会った人々の暮らしを見て、うわぁ、これだ!ってなったからでした。
    ジャングルを自分で開拓し、家を建て、畑や庭を作ったり、自然の素材だけでアクセサリーを作ったり、その土地の自然と調和し、”素敵”に生活している人たち。

    そんな僕にとって理想の暮らしをこれ見よがしに見せられたもんだから、うわぁ、それ、やりたい!!!って気持ちで前のめりになってしまった僕は、
    タイミングよく舞い込んできた、もしくは引き寄せた庭師と農家の波に、飛び乗ったのでありました。

    別に、庭師をやりたいわけでも専業農家になりたいわけでもないんだけど、ここで得られる体験は、きっとこの先の人生に効いてくるんだろうなあ。
    もちろん作品にも。

    と、まあ、とにかく僕は、宇宙と調和して、人の心を動かすものを創りたいなと思います。

    だいぶざっくりした話になってしまいましたが、今日はこの辺で。

    ごきげんよう。

Back to top