Australia

You are here: Home - travel - Australia

  • 宇宙迷子より帰還。

    こんばんは。
    
    初の個展「UCHU MAIGO」が無事終了し、早くも一週間と1日が経ちました。
    
    みなさん、ちゃんとおうちへ帰れましたか?
    
    怒濤の日々が終わって、さあやっと余韻に浸れると思っていたのに、
    まだまだこれから〜!と言わんばかりに、いろんな事をこなしながらあっという間に日々が過ぎていきます。
    
    ちゃんと挨拶、というか自分の中での区切りをしたいのでここで何か書いておこうと思います。
    
    さて、僕の部屋には全150列びっしり埋まった芳名帳があります。
    超達筆もあれば、筆ペン使い慣れてないのであろう英名も。
    
    普通は今後の展覧会のDMやらで住所を書いてもらうってゆうのが目的?(のひとつ?)なんだろうけど、
    僕にとっては一人一人の思いのこもった名前を見ているだけで嬉しいのです。
    
    本当にたくさんの人が来てくれて、たくさんの人としゃべって、たくさんの人に僕の宇宙を体感してもらえたのは、
    こんなことは、なんてゆうか、凄い!!
    
    今まで本当に長い間、宇宙/人生を彷徨って、時にはぼろぼろになりながら、一歩一歩進んできた。
    この作品たちは、宇宙の果てまでいってもらったご褒美さ。
    
    忙しい中お越しくださった方々、来たかったけど来れなかった方々。
    楽しさと刺激をくれている友人たち、多大な心配と盛大な応援をしてくれている家族。
    素敵な盆栽で空間に癒しを添えてくれたきくちゃん、宇宙の香りで会場を、宇宙の愛で僕を満たしてくれているゆうちゃん。
    美味しいご飯と宣伝してくれたOniwa Cafe、辛抱強く納得いくまで宇宙を創り上げた盟友ANAGRA/晃太郎。
    
    みなさま、ありがとうございました!
    
    

    2013年10月14日 髙橋 哲平

  • UCHU MAIGO IS CLOSING!!!!!!

    どもどもー

    宇宙迷子のてっぺーちゃんでございます。

    個展6日目を終え、なんとか最終日を無事迎えられそうです。

    本当にたくさんの方々にご来場いただき、驚きと感謝の気持ちで宇宙いっぱいです。

    魂を削って進んだ末に、贈られた宇宙の贈り物。

    より多くの愛する人に、より深いところまで感じていただけたらと思います。

    胸の奥深く、「心」があるその場所、もしかしたら魂というのかもしれない。
    そこに響いてくれた人、予想以上に多くいてくれて、僕もそれに共振し、さらには宇宙へと広がっていく。

    それは僕の生きる上で、創る上で、最高のご褒美なのかもしれない。

    とまあ、スピリチュアルなことを言っとりますが、
    素敵だな、飾りたいなって思ってくれた作品を購入してくれてもうれしいですよ!笑
    部屋やお店に絶対かっこよいとおもうんだけどなー。

    さてさて、
    余談が長くなりましたが、明日は、というかもう今日は最終日、
    12時から22時までは通常展示。
    そのあと23時から翌朝6時まではクロージングパーティ!!!

    今回は僕がオーガナイズしているイベントfolderとコラボレーション!!

    テーマは『宇宙』。

    メンツ的にヤヴァイ新月の夜になりそうだ。

    久しぶりのオールナイトで少々びびってますが、まあゆるく楽しみましょう!

    あと、酔っぱらって作品汚したりしたらぶっ飛ばす!!!


    『『『Folder 15 + UCHU MAIGO closing day!!』』』

    2013/10/5 Sat ●
    23:00 – 夜明ケマデ
    (12:00-22:00ごろまでは通常展示)
    Charge:500yen
    Venue:ANAGRA http://www.anagra-tokyo.com/
    東京都千代田区平河町1-8-9 地下1階

    武蔵一宮氷川神社の鎮座する大宮の街を
    ドンツクドンツクさせているfolder。
    今回は皇居ほど近くのANAGRAに出張し、
    高橋哲平による個展「宇宙迷子」と融合。

    バーニングマンや旅のぶっ飛んだ光景が展示される中、
    folderレジデントのSo, Bonchooに加え、
    一昨年のバーニングマンに参加したDJ NAMASTE aka Doppelgenger、今年のそれに参戦し帰還したばかりのキノシタリュウ、そしてANAGRAの主DADAが加わり、
    なんかもうすごいことになりそう!

    -Guest DJ-
    DJ NAMASTE aka Doppelgenger (GURUZ/Mammoth Dub)
    キノシタリュウ (HATENOHATE/秘境祭)
    UUUKi (yuk/haus.)

    -Live-
    DADA (XION TOKYO/ANAGRA)
    PAINA
    Morning Dew

    -DJ-
    So (folder)
    Bonchoo (folder/Medium)

    -Photo/Eizo-
    Teppei Takahashi (folder/UCHUMAIGO)
    https://www.facebook.com/events/307828079360877/?ref_dashboard_filter=upcoming

    同時開催
    「UCHU MAIGO」
    2013/9/29〜10/5 Sat
    12:00〜22:00
    at ANAGRA
    入場無料
    http://teppeitakahashi.com/2013/08/30/uchumaigo01/
    https://www.facebook.com/events/312717332208206/

    folder_fry

    folder15_flyerURA

  • Short Film “Hunting Total Solar Eclipse 2012 in Cairns”

    2012年11月14日早朝、オーストラリア北東部ケアンズ周辺で起こる皆既日食を9名の日本人チームが荒野の果てまで狩りに行ってきました。

    誰かに用意されたフェスティバルに参加して数千、数万人の中でわいわい見るのもいいけれど、

    自ら荒野の地図を作って、GPSと照らし合わせて、地形や気象条件を調べて、みんなで料理して食って野宿して、自分たちの感覚を信じて4WDで突っ込んで、
    なんとか探し出しただーれもいないこの場所で、宇宙の神秘を独り占めなんて乙でしょう?

    この動画は、チームメンバーがそれぞれ撮影した写真や映像を編集して1本のショートフィルムにしたものです。

    基本的にメンバーやそのまわりの身内向けに作られた内容でもありますが、そうでなくても楽しんでもらえたら幸いです。

    9 Japanese have been to hunt a total solar eclipse in Cairns, Australia on Nov.14.2012.

    It’s fun to join a big festival/party someone made.

    But we chose DIY.

    It’s like… making a map of outback, checking with GPS, researching geographical features / weather, cooking/eating/sleeping outside together,
    driving a long way with only senses and then having a mysteries of the universe all to ourselves.

    Sounds good, doesn’t it?

    This short film was made by editing of photos/movies team-member took.
    This may have some contents for only member and their friends but I’m so pleased to share the experiences if you enjoy it.

    Thanks!

    – Music –
    “Drifting Along” by Jamiroquai
    “Live mix @Symbiosis” by Desert Dwellers
    “SUPERMOON CRASHED”
    by MAGICAL MISTAKES (MUTUAL BENEFIT COLLABORATION)
    “Best Friend” by Random Rab
    “ホシダマ〜日食” by hou

    – Photo/Movie –
    Takuya Harasaki
    Megumi Masuda
    Kyoko Ito
    Akiko Nakayama
    Yu Makiuchi
    Teppei Takahashi

    – Hi-tech department-
    Hiromi Ono
    Kohei Ota

    – Didjeridu –
    Jun Hoshino

    – Planner –
    Takuya Harasaki

    – Director / Editor –
    Teppei Takahashi

Back to top